トップページ >  成分を調べる >  石油系界面活性剤

石油系界面活性剤で一番身近で使われているものは安いが危険も多い

天然系界面活性剤に比べて泡立ちが良い、脱脂力が強いといったシャンプーには欠かせない便利な特長があります。 価格面においても安価で、高級アルコール系や天然系よりも有利なので、一般の市販シャンプーには幅広く使われています。 驚くほどの浸透力で肌のバリア機能を弱め、他の有害物質とともに体内に吸収されます。 刺激が強いためアトピーなどの皮膚障害を引き起こしがちです。 たんぱく質変成作用を持つことから、肝機能障害を起こすことも報告されています。 また、分解されにくいので自然環境の視点からも良くありません。



・一番身近で使われている界面活性剤
・安いけれど危険がいっぱい
・エコの観点からも良くない


石油系界面活性剤のおすすめランキング

リマーユヘアシャンプー

環境にも身体にも優しい洗浄成分として知られている

石油系界面活性剤はごく一般的に使われてきた洗浄成分です。ドラッグストアで売られている一般的なシャンプーのほとんどに使われています。洗浄力が強いため刺激が強く敏感肌の人には向かないといわれています。リマーユヘアシャンプーは、お子様からお年寄りまで幅広い年代の方に安心してお使いいただけることを第一に考えて作られたシャンプーですから、もちろん石油系界面活性剤は配合していません。代わりに採用した洗浄成分はアミノ酸系。おだやかな洗浄力で地肌に必要な油分は残したままに、余分な皮脂汚れや毛穴詰りはきれいに取り去ってくれる高機能な洗浄成分です。さらに、生分解性が高いので環境にも身体にもやさしい洗浄成分として知られています。

オアシスシャンプー

アミノ酸系のシャンプーで抜群の泡立ちと洗い心地を実現

石油系界面活性剤を主な洗浄成分として配合するシャンプーで髪を洗うことは、台所用洗剤で髪を洗うのと同じくらい刺激の強いことです。これでは髪が抜けたり、地肌が痛んでしまっても仕方ありませんね。オアシスシャンプーが採用している洗浄成分は、アミノ酸系と脂肪酸系。アミノ酸系のシャンプーは「泡立ちが悪い」「きしむ」といった欠点を指摘されることが多いのですが、これは洗浄成分とその他の成分の設計バランスによって改善することができます。オーセルは豊富な経験を生かして2つの洗浄剤をバランスよく配合することで、抜群の泡立ちと洗い心地を実現しました。数ある石油系界面活性剤無添加のシャンプーの中でもおすすめする理由はここにあります。

uruotte(うるおって)

洗浄成分には最高級品であるヤシ油由来のものが配合

無添加アミノ酸シャンプーuruotte(うるおって) が採用している洗浄成分はアミノ酸系、その中でも最高級品といわれるヤシ油由来のものです。石油系界面活性剤は一切使用していません。uruotte(うるおって) が目指しているのは、しっとりとうるおった髪とやわらかくプルプルとうるおう地肌ですから、洗浄力が強く地肌や髪を傷つけてしまう石油系界面活性剤とは相容れないものがあるのです。uruotte(うるおって)は、さらなる保湿を求めて天然ホホバオイルや16種類もの漢方生薬も配合しています。また、アミノ酸系洗浄成分の特長を生かすために、パラベン・シリコン・着色料なども無添加にしています。

アミノ酸系シャンプーに関するおすすめ記事