トップページ > 石油系界面活性剤 > 石油系界面活性剤で一番身近で使われているものは安いが危険も多い

石油系界面活性剤で一番身近で使われているものは安いが危険も多い

天然系界面活性剤に比べて泡立ちが良い、脱脂力が強いといったシャンプーには欠かせない便利な特長があります。 価格面においても安価で、高級アルコール系や天然系よりも有利なので、一般の市販シャンプーには幅広く使われています。 驚くほどの浸透力で肌のバリア機能を弱め、他の有害物質とともに体内に吸収されます。 刺激が強いためアトピーなどの皮膚障害を引き起こしがちです。 たんぱく質変成作用を持つことから、肝機能障害を起こすことも報告されています。 また、分解されにくいので自然環境の視点からも良くありません。



・一番身近で使われている界面活性剤
・安いけれど危険がいっぱい
・エコの観点からも良くない