トップページ > 着色料 > 着色料でも合成着色料はアレルギーに注意

着色料でも合成着色料はアレルギーに注意

色には人の心理を左右する力があります。普通人は清潔になりたくて、あるいはリラックスしたくてバスルームに入ります。そんなときに使うシャンプーにふさわしい色は、清潔な印象の白や緊張を和らげる淡いピンクなど。原材料そのままの灰色などは心理的にマイナスと思われているからなのです。 天然由来と合成着色料では影響に違いがあります。石油を原料とするタール系合成着色料には、皮膚や頭皮から浸透して皮膚がかぶれたり、アレルギーの原因になるものが含まれます。発がん性や胎児への危険を指摘されて海外では禁止されているにもかかわらず、日本では認められているものも多くあります。



・清潔な色・かわいい色で癒し効果
・合成着色料はアレルギーに注意
・まだはっきりしない影響の可能性も